吃2020年的夢想

來自香川縣的Jimny的風景

DSC_0003.JPG

我在大島的家中的汽車是越野車,吉姆尼和作家的自行車。所有這些都被使用並且總是有麻煩。在每個國家都一樣,沒有汽車很難生活,當被問到他們現在想要什麼汽車時,他們立即回答“輕老虎”。

兔子還認為我的“ 2020年的夢想”項目需要兔子的眼睛。吉姆尼做什麼?

我不在乎後門上的凹痕。空調不必工作。我離開小島大約一個月的那天。連接取出的電池,旋轉鑰匙,當聽到引擎聲音時感到放心。如果引擎沒有啟動,則必須連接電池電量。它幾乎可以去買晚餐了。

​大火事のこと

​ 元町が海風にあおられた火の粉が舞い、その年の10大ニュースに載るほどの大火事が起こったのは、1965年(昭和40年)のこと。元町の中心部16万㎡以上を焼き尽くした大火で400戸以上の家屋が焼けた。今、広い道と防火壁に囲まれた住居が立ち並ぶ場所はすべて焼け野原となった。ここの映る、藤井経師屋さんの建物は、その大火を免れた。下の写真には、二葉堂が映っている。その建物は防火壁に囲まれている。そして手前が撤去した建物の跡地である。藤井さんは、仕事を引退したわけではなく、今でも軽バンで忙しく走り回っている。

​ 元町も、大火前は玉石の路地が家々を結ぶ風情ある屋並みが続いていた。島の建物の寿命は短い。特に昭和の建物は、金物のジョイントや部材も多く、潮風に弱い。台風・大火・噴火・津波・土石流が身近ある生活であることは間違いない。

DSC04092.JPG